ブライダルネットの特徴と2chでの口コミ評判

ブライダルネット は上場企業である株式会社IBJの運営する真面目な出会いサイト。
最近では婚活サイトとよぶようだが。

ちなみに、私は、このブライダルネットが婚活サイトの中でもっともおすすめである。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

ブライダルネットが最強の婚活サイトである理由

ブライダルネットが最強の婚活サイトであると私が考える理由をあげていく。

ブライダルネットの長所その1:本人証明率100%

出会い系サイトや婚活サイトは数あれど、会員の本人確認を行っているところは実は少ない。
これをすると華やかさに欠け、会員数が少なるからだ。

というのも、出会い系サイトにはエン○ウ斡旋業者などの犯罪組織が紛れ込んでいることが多々あり、会員のほとんどが彼らの廻しものだったりする悪質な出会い系サイトもあるくらいである。

本人確認を徹底することで、彼らを排除できるのだが、彼らは非常にアクティブに活動するし、女性の登録写真もモデル並みの女性がずらっと並ぶことになる(偽物だが)。

なので、彼らを排除しているサイトは、利用者に「このサイト、可愛い子すくないなー」といった感想を抱かせてしまうことになりかねない。
そういった意味で、本当に業者が自分たちの利益だけを追求するなら本人確認は、徹底しないほうが良いと言える。

本人証明率100%は、ブライダルネットが目先の利益よりも、利用者の安全を考慮している優良なサイトであることの証である。

ちなみにこのブライダルネットは、決済方法がクレジットカード決済のみで、しかも、女性とメール交換をする段階になると、互いの本名がお互いに知れる、というシステムをとっている。

つまり、偽の名前や嘘のプロフィールで登録したりいい加減な気持ちでの付き合い方は絶対にできない仕組みになっているのだ。
もうここまで来ると、出会い系サイトとは完全に別物、リアルの結婚相談所に近い厳格さを持ち合わせている、と言っても過言ではない。

匿名での活動が当たり前のインターネットの世界で、こういった出会いサイトにクレジットカード情報を教えるのは、はっきり言って勇気のいることである。

ブライダルネットに登録している会員たちは、そういった障害を乗り越えた、本気度の高い会員たちばかり、である。

ネットでの口コミで「美人な真面目な女性が多い穴場」とか「女性の活動会員数が多い」とか「体目当てとか援○交際とか、そんな話や口コミを見たり聞いた事がない」とった意見が見られるのも、そういった理由からである。

本気で真面目な出会いを目指すなら、犯罪業者によるハニートラップが徹底的に排除されている、こういったサイトを利用したいものである。

長所その2:顔写真掲載7割以上

ブライダルネットは、本気度の高い会員が揃っているせいもあってか、顔写真を掲載しているメンバーが7割を超える。
これは婚活サイトの中でも非常に多いほうで、中には顔写真登録者がほとんどいない、なんてところもあるくらいだ。

出会う前に事前に女性の顔を拝めるのは、我々男にとっては重要である。
待ち合わせの場所に行ってみたら、そこに現れたのは……なんて事態を想像してみれば、わかるはずだ。

その3:検索機能が豊富

出会いサイトでは、相手を探す場合、プロフィール検索、というものを使うのだが、ブライダルネットでは、その他に2つの検索方法がされている。

一つは「ここスキ!」
これは、自分のよく行くエリアや、興味のある場所を登録しておくことで、行動範囲が同じ相手を見つけたり、あるいは好みが似ている相手を互いに見つけ安くするためのもの。

二つ目は「みんなの日記」
日記を書くスペースが用意されていて、会員は「こんな映画を観ました」みたいに自分の毎日の行動などを書き込むことができ、それが他の会員に見えるようになっている。
うまく使えば、プロフィール欄には書ききれない、自分の恋愛観などを詳細にアピールできるので、使わない手はない。

また、他人の日記に対し、SNSやブログのように「いいね」や「コメント」ボタンを押して共感を伝えることができるので、本当に趣味や価値観の合う相手を見つけるのに便利である。

その4:他の出会いサービスにも登録できる

ブライダルネットの運営会社IBJは他にも合コンセッティング「Rush」やお見合いパーティー「Party☆Party」といった出会いサービスも運営しているのだが、ブライダルネットに会員登録した時点で、上記二つのサイトも利用することができるようになる。

いちいち3つのサイトに個別に会員登録するのは結構面倒なので、地味にありがたい。

その5:あいさつボタンが便利

通常の出会いサイトでは、プロフィール検索等で、条件を満たした相手を見つけた場合、メッセージを送るわけだが、実際、出会いサイトは競争率が高く、メールを送ってもいい返事がもらえることは少ない。

なので、数を打つ必要があるわけだが、例えば100人くらいの女性会員にいちいちメッセージを作成、送ると言う行為は、めちゃくちゃ骨の折れる行為である。

が、ブライダルネットは、気になるプロフィールの相手が見つかったら「あいさつボタン」を押すだけで良い。
それだけで、諸君が相手の女性のプロフィールに興味を持っていることを知らせることができ、いちいち他の出会いサイトのようにあいさつ文を考える必要がない。

もし、あいさつをした女性が、諸君のプロフィールを見て、興味がなければ「ごめんなさい」が返ってきて、興味があれば「ちょっと話そう」となって、メッセージの交換ができるようになる、というシステムになっている。

ちにみに「ちょっと話そう」でメッセージが交換できる期間は一週間に限られているので「だらだらと出会いを先延ばしされる」と言ったことがないのも特徴である。

更に「ちょっと話そう」で、お互い気に入った場合「もっと話そう」という段階に進むことができる。

この段階で前述した「互いの本名の公開」とメアド交換が行われることになり、その後14日間、初デートサポート機能が利用できるようなる。この14日間という期間限定も、出会いを躊躇する相手の背中を押してくれる効果があるため、他の出会いサイトではよくある女性の「ドタキャン」が少ないのも、ブライダルネットの長所と言える。

その6:コンシェルジュサポートがある

ブライダルネットではコンシェルジュと呼ばれる悩み相談サポートが存在する。

「入会したけど、何をしたら良いかわからない」とか「婚活サイトじめて使うけど、写真とかプロフィールってどうすれば?」といった疑問に対して、丁寧にサポートしてくれる。

また、入会したものの、全く活動していなかったりすると「最近、ログインしてないけど、どうしました?」みたいなメールが送られてきたりもする。まさに小中学校の担任の先生のようである。

ブライダルネットは定額制なので、幽霊会員であっても、料金を支払う必要がある。
業者側としてはそんな幽霊会員は、無料でお金を払ってくれるありがたい人たちで、そこまで親身になる必要のない存在である。

こういうところにもブライダルネットの「本気で出会いを求めている人をしっかりサポートしよう」という姿勢が垣間見える。

ある意味、こういうサイトなら行って当然だが、実際は他のサイトが行っていない行為を、しっかりとやっている真面目なサイトなのである。

その他にもブライダルネットでは、会員向けのコミュニケーションセミナーなどもあったりと、本当に会員のサポートがしっかりしているサイトであると言える。

ブライダルネットの2chでの評判

と、ここまでブライダルネットの良いところばかりを紹介してきたが、実際、ネット上での口コミはどうかと言うと、例えば2ch等で、口コミを検索してみると、あまり評判は良くない

評判の悪さのもとになっているのは、ただ一つ。

それは地方の会員が非常に少ないこと。

例えば、20代女性の登録数を検索すると関東や近畿では1万人以上がヒットするのだが、四国とかだと100人くらいしかいなかったりする(無料で検索できるので会員登録前に自分の住んでいる地域の会員数を調べてみてほしい)。

この関東・近畿圏に会員が集中する現象は、出会い系サイト全般に言えることなのだが、ブライダルネットはこの傾向が、他のサイトよりも強いのである。

これはブライダルネットが数年前まで、月会費の他に入会金1万円を課していたこと(今は撤廃)や、会員登録の際の本人確認やクレジットカード決済のみ、といった厳格な姿勢が「ちょっと試しに登録してみようかな」といった本気度の低いタイプに登録を躊躇させる原因になってしまっているからだろう。

まあ、正確な理由はわからないが、とにかく地方出身者にとって、このブライダルネットは「使えないサイト」というレッテルを張られてしまっているのである。

というわけで「ブライダルネットは最強の婚活サイト」というのは「ただし関東・関西に住んでいる人に限る」という言葉を付け加えておきたい。

合コンRUSHもお見合いPartyPartyも、関東・関西以外では名古屋と福岡だけなので、地方出身者には、ブライダルネットに登録するメリットは、少ないのかもしれない。

勿論、地方出身者でも、登録する価値がないわけではない。
たかだか一か月3000円。一日100円。
毎日の昼食代を少しケチれば、いいくらいの値段である。

婚活サイトは、別に会員数が少なければ、出会えない、というわけでもない。肝心なのは男女比率、つまり競争率である。

男性比率が高かったり、サクラばかりで、会員数の水増しを行っているような出会いサイトに比べれば、よほど出会える確率は高いはずだ。

>>ブライダルネット公式サイト

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。