認知的不協和理論~モテる男になるための第一歩

社会心理学用語に認定的不協和という言葉がある。
これは、人が自分の中に相反する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感のことを指している。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

認知的不協和理論とは?

具体例を挙げる。

喫煙者Aの頭の中
認知その1:自分は喫煙者
認知その2:喫煙は体に悪いため早死にする

認知その1と認知その2は、当然、協和不可能な矛盾する事象であるため、喫煙者Aは不快感を覚えることになる。誰だって早死にしたくないからである。

というわけで、喫煙者Aは自分の不快を解消しようとして、自分の頭の中の認知を変更する。

認知その1(変更):自分はタバコを吸わない
認知その2:喫煙は体に悪いため早死にをする

この場合、つまり禁煙する必要があるわけだが、実際、禁煙はなかなか難しいので、現実には、多くの人が以下のように自分の認知を変更する。

認知その1:自分は喫煙者
認知その2(変更):喫煙は体に悪いが、長生きしている人もいるので大丈夫さ!

人間誰しも、心の中にいくつかの認知的不協和を抱えているものである。
が、残念なことに、その解消方法として、人は、自分にとって都合のよい、受け入れやすい楽な認知変更を選択しやすい
これはそのいい例である。

モテない男に共通するものとは?

モテない男の認知的不協和は大体以下のような感じだろう。

認知その1:俺はモテない
認知その2:俺は彼女が欲しい

この認知的不協和を解消するにはは、モテる男になるか、あるいは「彼女なんかいらない」と自分に言い聞かせるかしかない。

認知その1:俺はモテない
認知その2(変更):彼女なんか欲しくない。現実の女なんかみんなクソビッチだし! 2次元の嫁は浮気しないし、年を取らないし、永遠に俺だけのものだし!

最近、こういう若い男が増えている気がする。
本当に悲しい限りである。

何故「モテる男になる」という解決方法を選ばないのかといえば、自分がモテる男になるために通らなければならない道のりが非常に厳しく果てしなく遠い道であると、自分を必要以上に卑下しすぎているからだろう。

言うまでもなく、こういった楽ちんな認知の変更ばかりでは、いつまでたっても人間成長することはない。

モテる男になるための第一歩

というわけで、このブログを読んでいるモテいない諸君らは頭の中の認知を以下のように変更して欲しい。
たった今、この瞬間からである。

認知その1:俺はモテる!
認知その2:俺は彼女が欲しい

実はモテる男に共通していることとして「自分で自分をモテる男だと思っている」というのがある。
モテる男は皆、自分を少なからず「モテる男である」と思っていて、つまり自信を持っているのである。

ここで問題となるのは、モテるから自信がつくのか、あるいは自信があるからモテるのかということであるが、私の持論は後者である。
何故なら、私は何一つ取り柄のないハゲのおっさんであり、若いころはおっさんでもなくただの若ハゲ男であった。

認知その1:俺は若ハゲ
認知その2:ハゲはモテない

が、以下のように認知的不協和を解消することにより実際にある程度モテるようになったからである。

認知その1(変更):俺はブルースウィリス
認知その2:ブルースウィリスはモテるハゲ

ちなみに今でも私は自分のことをブルースウィリス似だと思っている。
いや、もっというと私はブルースウィリスである。

嫁に言わせれば「ブルースウィリスというより温水洋一さんに似ている」とのことだが、まあ、そんなことはどうだっていい。

要は「はあ。俺、若ハゲだから一生彼女できないかも」から「俺はブルースウィリス。だからモテる!」とポジティブに考えることにより、女性に対し積極的になることができ、結果、人生初の彼女ができたということである。

モテる男になるのは簡単ではないが難しくもない

勿論、ただ認識を変えるだけですぐにモテることはない。
ただし「俺はモテない。何をやっても無駄」と思っていると絶対に一生彼女はできない
その先に、寂しい老後が待っているだけである。

だが、私は若かりしころ「俺はブルースウィリスだからモテるはず!」と思い込むことにより、恋愛に対し前向きになることができた。つまりやる気が出たのである。

そのやる気で、ブサハゲ男なりに自分のファッションや女性との会話の仕方などを見直し、恋愛心理学などを研究するようになったのである。

結果、私の人生がそれまでとは180度異なったものになったことは言うまでもないだろう。

で、お前は結局何が言いたいわけ?

つまり、私が言いたいことは、モテない男がモテる男になるためには、結局、努力して、いろいろな知識や心理学等を学び、人間的に成長する必要があるわけだが、そのためには何よりもやる気が重要であり、その第一歩としてポジティブシンキングから始めよう、ということである。

ポジティブシンキング→やる気→人間的成長→モテモテ人生到来

そのためには、何はともあれ、最初の第一歩として、諸君らは、前述したように、頭の中を変更して欲しいのである。

認知その1:俺はモテる!
認知その2:俺は彼女が欲しい

どうやったらモテるか、モテるようになるか、今、モテない理由は何か、というのは人それぞれであり、その具体的な方法論についてはこのブログで今後とも紹介していくつもりである。

が、モテない男子諸君らが今一番最初にやらなければならないことは、自分が恋愛弱者であることを情けないまでに受け入れてしまっている、その負け犬根性そのものをどうにかする、ということである。

認知その1:俺はモテる!
認知その2:俺は彼女が欲しい

ぜひ、モテない男子諸君は、これから毎日、朝起きたら鏡に向かって「俺はモテる!」「俺は彼女が欲しい!」と自分に言い聞かせてみよう。あえて困難は方法で認知的不協和を解消してみよう。

そうすることにより、1年度、今の自分からは想像もできない自分になることができるに違いない。
少なくとも私はそう信じている。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。

同一カテゴリ内の記事一覧