フット・イン・ザ・ドア・テクニックで男友達から彼氏になる!!

前回、ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックという恋愛心理テクニックについて話した。
今回は名前もよく似ていて、やることもよく似ているようで実は正反対のフット・イン・ザ・ドア・テクニックというものについて話したい。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは

フット・イン・ザ・ドア・テクニックという名前の由来は、セールスマンが訪問販売などの際によく行う行動からきている。

セールスマンが、半ば強引に家の中に入れてもらおうと試み、それを家庭の主婦が、阻止しようと家のドアを閉め、そこで営業マンは、強引にドアの中に足だけ入れて「話だけでも聞いて」と嘆願すると……ってあれ?この話どこかでしなかったかって?

そう、ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックのページでも似たような件を書いたが、実はドア・イン・ザ・フェイス・テクニックと今回のフット・イン・ザ・ドア・テクニックというのは、こと恋愛において、やることは実はすごく似ているというか、かぶっている部分が多く、同時に行うことが多い。

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックが要求を大から小へと移行し(家に入る→話を聞いてもらう)、相手の心に返報性の原理が働くのを期待する譲歩的依頼法なら、フット・イン・ザ・ドア・テクニックは小さな要求からはじめ、それを足掛かりに最終的には大きな要求を通そうとするテクニックである。

つまり上記のセールスマンの例だと

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック→真の目的は話を聞いてもらうこと
フット・イン・ザ・ドア・テクニック→とりあえず話を聞いてもらい、そこから真の目的へと相手を誘導する

というわけである。

人間には一度小さな要求を受け入れてしまうと、自身の行動に一貫性を持たせるために、その後の要求も受け入れやすくなるという心理が存在する(これを一貫性の原理という)。

フット・イン・ザ・ドア・テクニックは人間の持つ一貫性の原理を利用した心理テクニックである。

恋愛におけるフット・イン・ザ・ドア・テクニック

恋愛におけるフット・イン・ザ・ドア・テクニックの使いどころは実はドア・イン・ザ・フェイス・テクニックとかぶることが多々ある。
ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックのページで書いた

「付き合って」
「ごめんなさい」
「友達になって」
「……」
「連絡先でも教えて」

という会話例。

片思いの相手にまず「付き合う」という大きな要求をしておいて「友達になる」という小さな要求まで譲歩し、結果「連絡先を教えてもらう」という最低限の目標を果たす、というテクニックだったわけだが、言うまでもなくこの場合、当初の目的は「好きな彼女と両想いになること」であり、そのための足掛かりとしてとりあえず「友達になって連絡先を聞く」という小さな要求まで譲歩したわけである。

つまり連絡先を聞くまでがドア・イン・ザ・フェイス・テクニック。
連絡先を聞いてそれを足掛かりに徐々に要求を大きくしていき、そしていずれ最終目的を果たすためのテクニックがフット・イン・ザ・ドア・テクニックというわけで、どちらがより重要かつ難易度が高いかと言われれば、言うまでもなく後者である。

フット・イン・ザ・ドア・テクニックの恋愛への応用例

ここまでの話の流れとして、好きな女性と友達関係になった後、いかに恋人同士の間柄になるか、という目的のためのフット・イン・ザ・ドア・テクニックの使いどころ(具体例)をとりあえず示しておく。

ちなみに

友達→仲の良い友達→なんでも話せる友達以上の存在→彼氏

といった具合に段階を踏むことを仮定している。

まず、友達から仲の良い友達になるには、とにかくまめに会話をこなすことである(言うまでもないが)。
次に友達上の存在になるためには悩みを打ち明けたり逆に相談に乗ってあげたりするのが一番であるが、そのための方法論は二つあって、一つは彼女の顔色が優れないときとかに「どうした」とか「何かあったの?」みたいな言葉を頻繁にかけることである。

人間誰しも多かれ少なかれ悩みの一つや二つは抱えているものなので、何か話してくれるかもしれないし、それをきっかけにより仲良くなれるかもしれないし、また何も話してくれなくても「俺はいつでもお前のことを気にかけてるぜ」アピールに繋がるので無駄にはならない。
簡単かつ効果のある手法と言える。
ただし、べたな方法なのでライバルも同じことを行っている可能性があるが。

二つ目は自分から悩みを打ち明けること。
こちらは相手の女性と十分に仲良くなっていないとうざいと思われる可能性や、あるいは女性のタイプによっては男らしくないと思われるリスクが存在する。
よって見極めが必要と言えるだろう。

いずれの手法をとったとして、悩みを互いに打ち明けられる関係になると、はっきり言って恋人同士はすぐ目の前である。
ただし、どんなに女性と仲良くなろうとも、いざ告白してみると、生理的に男女の関係は無理
といった理不尽な理由で玉砕することが多々あるのがブサメンの悲しい宿命である。

フット・イン・ザ・ドア・テクニックその他の恋愛への応用例

  • ナンパとかの場合「とりあえず5分でいいから」と断ってからだと、話を聞いてくれる可能性が高まる
  • 目当ての女性をデートに誘うとき「仕事の話。時間は取らせないから」と言って居酒屋に誘うとまず来てくれる
  • 彼女を家に呼ぶとき「何もしないから。一緒にTVゲームするだけだから」というと、のこのこやってきやすい
  • その後「キスだけ!キスだけでいいから!」と言って(その後はもはや語るまい)

繰り返すがフット・イン・ザ・ドア・テクニックは、まず相手に「受け入れやすい小さな要求」を飲ませ、それを足掛かりに(できれば少しづつ)要求を大きくしていき、最終目的を果たすためのテクニックである。

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックもいろんな使い方ができるが、このフット・イン・ザ・ドア・テクニックも、工夫次第では様々な場面で効果が期待できる恋愛テクニックの一つなので、ブサメンは必ず習得すべきである(そしてイケメンは悪用禁止!)。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • ブライダルネット

    東証一部上場、現在国内最大手の婚活サイト。男性女性ともにフルサービスを受けるためには有料会員になる必要があるが、無料でも一応使える。とにかく真面目な出会いを求めている人、いきなりお金を支払うのに抵抗がある人におすすめ。


  • ゼクシィ縁結び

    テレビCMでもおなじみのゼクシィブランドで、若い女性に大人気の婚活サイト。ブライダルネットよりも若干割高だが、サービス自体は大差ない。


  • ハッピーメール

    ハッピーメールは、前者の婚活系サイトとは違いポイント課金制の出会いアプリ。国内優良出会い系サイトとしては最大級で昔から超有名。婚活というよりは軽いノリでの出会いを目的としている人が多いので、その辺は要注意。

同一カテゴリ内の記事一覧