マクドナルド理論~好きな女性と仲良くなるための第一歩

マクドナルド理論というのをご存じだろうか。
ツイッターなどで、一時話題にもなったため、知っているかもしれないが、今回はそのマクドナルド理論の恋愛への応用例について書いてみた。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

マクドナルド理論とは?

例えば、仕事など、友達でもなんでもない、特別仲が良くない者同士が一緒に行動せざるを得ない時がある。
そんな場合、お昼時に「昼飯、どこにする?」なんて話になった時、皆が相手の様子を気にして、なかなか意見がでてこない、みたいなことがたまにある。
そういう時に誰かが「マクドナルド行こう!」と提案すると「いや、マクドナルドはないだろ(笑)」みたいな感じで、以後どんどんと議論が活発化し、どんどん提案がなされるようになったりするものである。

このように「想定しうる最低の提案」をすることにより「その最低の提案が可決されるのを阻止」しようと、あるいは誰かが最初に最低のアイデアを口にした結果、二人目以降の発言のハードルが下がり「もしかしたらこんなこと言ったらばかばかしいと思われるかも」といった心配が薄れ、皆の間で議論が活発化する。

この考え方こそがマクドナルド理論と呼ばれるものである。

マクドナルド理論の恋愛への応用

マクドナルド理論はどちらかというと会議など皆が集まって議論をかわすような場において、つまりビジネスシーンにおいて有効な心理テクニックであるが、恋愛においても、いろいろと応用がききそうである。

勇気ある男は皆の人気者

例えば、男女何人かで集まってどこかへ行ったりする際、そう、仮に遊園地デートとしよう。
そしてこの男女は、男グループと女グループ、つい先ほど初めて顔を合わしたばかりとする。
グループデートの最初のシーンである。

当然、最初は誰もが緊張していて、口を閉ざしがち。
「じゃあ、まずはどこに行く?」と誰かが切りだしてみても、皆がお互いの顔色を見つつ、なかなか何も言わない、なんてことはよくあることである。

そんな時に君はこう言うのである。

「やっぱ、最初はジェットコースターでしょ」

すると「いやいや。いきなりそれはないんじゃない?」「まずは、もっと軽めの奴から行こうよ」なんて感じで、皆が発言しやすくなる。

ジェットコースターが「想定しうる最低の提案」かどうかは別として、君が突っ込みどころ満載の発言を最初にしたことにより、皆が心理的に発言しやすくなったわけである。

結果、以後、君は「最初の一歩を切った勇気ある人=男グループの中のリーダー的な人」として女性グループの皆さんから多かれ少なかれ、尊敬の眼差しを向けられることになるだろう。

もし上記のような局面に出くわしたら、他の男に先駆けて「想定しうる最低の提案」をしてみよう。うまくすれば、第一印象人気ナンバー1の女性に対し、ポールポジションをとることができるかもしれない。

え? グループ交際なんかしたことがないし、そんな局面に出くわすことなんてないだと?

そうだった。すまない。
このブログは非モテ男子を対象としていることをつい失念してしまっていた。
そうだよね。非モテ男子はグループ交際に到達する前に力尽きている場合が多いもんね。

非モテ男子によるマクドナルド理論の応用

というわけで諸君が気が弱く、女性とデートなどしたことがなく、またはその希望的観測すらできない男だったとしよう。
しかし、そんな男でも、女性と二人きりになる機会は必ずあるはずである。

例えば、学校行事とかバイトとか仕事とか、いろいろ考えられるが、ここではわかりやすくバイトのシーンを想定する。シフトとかいろいろな偶然が重なって、意中の女性と二人きりで仕事をするはめになったとする。
例えば、飲食店のスタッフで、客が少ない時間帯で、とにかく二人きりで何か話さないとどうも気まずい雰囲気になったとする。

「何か話さなければ」

君は当然そう思うはずである。
そして相手の女性もそう思っているはずである。

でも、多くの非モテ男子は、うまく会話のきっかけすら作ることができない。何を話していいかわからない。
彼女の趣味は何だろうか、最近流行ってるテレビタレントって誰だっけ? 俺の趣味なんか話しても興味ないだろうな。もしかしてどん引きされるかも。

そんなことを考えつつ、多くの場合、何も口にすることなく、千載一遇のチャンスを不意にするわけである。

しかし、そういう時こそ、このマクドナルド理論を使ってみてほしい。
マクドナルド理論の肝は要するに

  • 最初に自分が発言して相手が発言しやすくする
  • できれば相手の発言のハードルを下げるようなばかばかしいアイデアがよい

である。

そう考えれば、いろいろと思い浮かぶのではないだろうか。

例えばこういうのでもいいのである。

「痛ったー」
「? どうかしたの?」
「いや。昨日、深爪しちゃって」
「……」

こんな感じで良いのである。

勿論、上記のような発言から、どんどん会話が発展していくことはないかもしれない(女性との会話術に関しては別の機会に)。
しかし、何も話さないよりはましなのである。

それに、ばかばかしい、とりとめのないことを言ったことによって、以後、彼女の発言のハードルは確実に下がる。

仮に彼女が君と会話をしたい、仲良くなりたい、と思っていた場合、以後積極的に話しかけてくるようになるに違いない。

いや、別に仲良くなりたいと思っていなくても、それをきっかけに、君に話しかけてきてくれる回数が増える可能性が高い。

マクドナルド理論。
この理論を活用することで、本来は一番難しい「目的へと達するための第一歩」が、より簡単に踏み出しやすくなる。

あくまで最初の一歩だけだけどね。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。

同一カテゴリ内の記事一覧