「ブサメンだから俺にはかわいい彼女ができない」が大きな勘違いである4つの理由

世間では女はイケメン好きだと言われている。
そのせいか、彼女ができない言い訳を自分のルックスのせいにしている若い男が多いように思う。

しかし、それは正しくない。
女性にモテないのは決して君がブサメンだからではない。
そのことを以下の4つの理由をもって説明したい。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

女性の全てがイケメン好きではない

言うまでもなく顔の好みは十人十色。人それぞれである。
ブサメンが好きという女もいれば、整いすぎた顔が苦手だという女子も当然存在する。

従って、どんなにイケメンであろうと、女性の視線が一人の男に集中するということはまずない。
まず、これが上記の第一の理由である。

こういうことを書くと「でも大部分の女がイケメン好きなんだから、ブサメンが恋愛弱者になる事実に変わりはないだろ!」と文句を言う人が出てくるので、反論する。

確かに、学校や会社でたった一握りの男が女性の人気を独占しているように見える事象は少なくない。

しかし、それにはからくりがある(少し想像力を働かせてみれば、誰にでもわかることである)。

例えば、君が同じクラスの男友達に好きな女について聞かれたとする。
そして担任の40代のおばちゃん先生が好きだったとする。
正直に答えられるだろうか。

あるいは男子の間で「ブス」だとレッテルを張られている女子の名前を上げれるか?
あるいはテレビのロリタレント(小学校低学年)の女の子の名前を堂々と言えるか?

いずれも答えはNOだろう。
そしてそういう場合、大抵の人は、無難な名前(クラスで人気のある女子の名前や芸能人など)をあげて、本当の答えを悟られないようにするのではないだろうか。
「趣味わるー」とか「変態」とか思われずに済むにはそれが一番だからである。

当然、これは女子にも同じことが言える。
女子も女子の間で「好きな男」の話となると「無難な名前=クラスで人気のある男子あるいはテレビのイケメン俳優」などの名前で、自分の本心をごまかす場合がある。
一般に思われているよりもかなりあるに違いない(と個人的には思っている)。

つまり、学校や会社など、他人の目を強く意識せざるをえない状況においては、実際よりも、イケメン好きの女が多いように見える、というわけだ。

学校や会社で一握りの男に女子の人気が集中しているように見えるのは、はっきり言って錯覚であり、イケメンとブサメンとの間に、恋愛的に見て絶対的な差があるわけではない、というのが私の持論である。

勿論「イケメンが好き。それ以外は考えられない」という女性が存在するのも事実なので、その見極めは必要ではあるが、数を打って入れば、いつかは当たりにでくわすのは言うまでもない。
これはルックスの問題ではなく、姿勢の問題である

女は積極的な男を好きになる傾向がある

言うまでもなく、女にも顔の好みはある。
どんなに頑張ってみても「生理的に無理」と言われるケースは存在する。例えイケメンであっても言われることがある。

が、それは男のルックスに強いこだわりを抱いているタイプの女だけで、そうでない女のほうが多い。

「できればイケメンに越したことはないけど、中身がよければブサメンでもOK」

ほとんどの女性はそんな風に思っているのだ。

しかし、自分のルックスに自信のモテない男は、積極的に女性と話をしたりしない。
するとどうなるか。

自分がどんな人間であるか、相手の女性に伝えることはできない。当たり前である。

反面、イケメンは自分に自信があるため、積極的に女性に話しかける。自分を見せる。
するとどうなるか。

イケメン好きの女は勿論、外見ではなく内面で男を選ぶ女性も、だんだんとその男(イケメン)の内面に触れ、恋に落ちる可能性が高い。
最初は「あー。私、どちらかと言えばイケメン苦手なんだよな」と思っていたとしても、徐々に心が通い合うのである。
男も女も人間なのだから、話したことのない相手よりも、どんな人間か、よく知っている相手を好きになるのは当然の結末である。

イケメンは多くの女性に向かってアプローチを繰り返し、ブサメンは何もしない。
結果、両者の間に決定的な差が生まれる、というわけだ。
言うまでもなく、これはルックスの問題ではなく、姿勢の問題である。

女はキャラのつかめない男が苦手

基本、無口な男は、女子から距離を置かれることが多い。
結論から言うと、理由は「怖いから」である。

例えば、君が「男を顔ではなく中身で判断するタイプの女」でまあまあのルックスの持ち主だとして想像してみよう。

クラスの無口なブサメンに優しく声をかけたみた、とする。
そのブサメンは女性に優しくされた経験など皆無。すぐに君に恋に落ちたとする。
そしてすぐさま告白してくる。

当然、君は断るしかない。だって相手の中身について何一つ分かっていないのだから。
つまり、中途半端な優しさを振りまいたせいで、一人の男子を傷つけてしまうわけだ。

はっきり言ってあまり気持ちの良いものではないはずである。
だから優しい女性であればあるほど中途半端な優しさを安易に振りまいたりはしないのだ。

また、告白だけですむかどうかもわからない。
場合によってはその後も付きまとわれ、ストーカー犯罪にまで発展する可能性すらある。
年頃の女性なら誰もが理解し、警戒しているはずである。

というわけで、無口な男は、クラスや会社の女子から距離を置かれる。
ほんの少しの優しさすら「誤解させるとまずい」という理由から受けることすらない。

え? 俺はストーカーなんて絶対しないって?
だから、もっと優しくしろって?

だったら、自分の中身をもっとさらけ出すできである。
自分が安心安全人畜無害な存在であることを周囲にアピールすべきである。
黙っていては犯罪者予備軍だと誤解されても仕方がない。

言うまでもなく、これはルックスの問題ではなく、姿勢の問題である。

美人で心優しい女性ほど男の顔は気にしない

今更説明する必要はないと思うが一応言っておくと、女にモテる男=イケメンではない。
一言で答えるなら「女にとって都合のいい男」がモテる男の条件である。
イケメンが多くの女性に支持されるのは、今の社会において、いろいろな場面でイケメンの彼氏や夫が「女にとって都合のよい存在である」というだけである。

例えば、自分のルックスにコンプレックスを抱いている女性などはイケメンを好む傾向が強い。
自分にないものを持っている相手に興味を覚えるのは、オス・メス共通の本能だからだ(事実、美形アイドルのファンには残念なルックスの女性の占める割合が多い)。

とすれば、美人あるいは自分で自分のことをかわいいと思っている女性ほど、彼氏や夫の条件に顔の良さは求めない傾向が強く、ブサメンにとっては狙い目と言える。

しかし、多くのブサメンは可愛い女性を見ると「あんな可愛い子が俺なんか相手にするわけがない」などという根拠のないネガティブな発想で、多くのチャンスを自らの手で破棄してしまう。
あまつさえ、イケメン好きの割合が強い残念なルックスの女性群に「俺にはこのくらいがちょうどいいかな」などと、中途半端な気持ちで告白し、玉砕する。

結果、いつまでたっても彼女ができない。
言うまでもなく、これはルックスの問題ではなく、姿勢の問題である。

以上、4つの理由から、彼女ができない主な理由は「はブサメンだから」ではなく「傷つくのを恐れて、アクティブに行動しないから」だと結論づけることができる。

格言:フラれるは一時の敗北、彼女ができないのは人生の敗北である

彼女ができないとかモテないとか嘆いているそこの君!

この記事をここまで読んでくれたのならもう理解してもらえたと思う。
君がモテないのは、あまりにも傷つくことを恐れ、自己否定しすぎているせいであると。

ちなみに野生の虎の狩りの成功率は低い。5%(20回に1回)程度である。
場合によっては2週間以上も獲物(エサ)にありつけない場合があるとか。
それでも彼らはあきらめない。
何度も何度もトライし続ける。

ぜひ、見習ってほしいものである。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。