女が男にファッションセンスや清潔感を求める理由

女は容姿に関して相当なこだわりを持っている。
美しい女性が世間でもてはやされるのだから、当然と言えば当然である。
が、女の外見に対するこだわりは、こと自身のことだけでなく、男の身なり等にも発揮されるので要注意だ。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

女の好きなタイプのキーワード「清潔感」と「ファッションセンス」

女性は、好きなタイプに清潔感のある人、と答える場合が多い。
また、男のファッションにも結構口がうるさい。

理由は何故だかわかるだろうか。

爽やかな人のほうがかっこいいから?
ファッションセンスのある人のほうが、これまた格好良く見えるから?

確かにそれもある。半分は正解であると言えるだろう。
しかし、それだけでは不十分で、他にも理由があるのだ。

女の知られざる容姿に対するコンプレックス

女は自分の容姿に関して強いコンプレックスを持っている。

男なら「男の価値は外見ではなくてハートだ!」と自分に言い聞かせることもできるが、女性にはそれができない。女は知っているのである。女の価値の大半が美しさで決まることを。

だから、常に美しくなりたい思っている。きれいになりたいと努力している。

例えば、私には姉がいるのだが、高校生くらいの時、姉がお風呂に2時間くらい入っていたことが強く印象に残っている(もう30年以上前の話だが)。
どうも「足やせマッサージ」とかで足に塩を塗り、サランラップをまいて、サウナ状態で長時間風呂場にとどまっていたらしい(今でもやっている女性はいるのだろうか)。

とどのつまり、姉は自分の足が大根足であることを非常に気にしていたわけである。
男と違って女性はスカートを学校や職場ではかざるを得なかったりして、足の太さを隠せないため、よほど必死だったのだろう。

30年以上前、2時間も風呂に入って、少しでも自分の外見のコンプレックスを無くそうと頑張っていた私の姉ではあるが(そして全く効果はなかったわけではあるが)、こんなふうに「きれいになるために」金と時間を惜しまず投入している若い女性は今も多いに違いない。

何度もいうが、これは世間の女に対する価値基準が「きれいであるか否か」だからに他ならない。

私たち女がこんなにも綺麗になるための努力しているのに「男の価値はハートだ」とかなんとぬかして、全く努力しない男が存在する。許せない! 不公平だ! お前ら男も少しは努力しろ!

女性が男のファッションや清潔感と言ったものに執拗にこだわるのは、こういった世間に対する彼女たちの不満が噴き出たものと言えよう。

彼女たちは努力しない男共にこう言いたいのである。
「彼女が欲しいならせめて最低限の努力はしろ」と。

一見完璧に見える美人にだってコンプレックスはある

上記の例は、不細工な女の場合であって、俺の好きな女は超かわいいからコンプレックスなんて持ってないだろうし、従って、男の身なりに対して「最低限の要求」をしてくることもない。
なんて思う人がいるかもしれないが、それは考えが甘いと言わざるを得ない。

何故なら、まず第一に、どんなに完璧に見える女性であっても、コンプレックスの一つや二つは持っているからだ。
例えば、痩せている(男から見るとスレンダー)女性は「もっとふくよかになりたい」と願い、グラマーな女性はスレンダーな女性を見て「うらやましい」と感じダイエットに勤しむ。
隣の芝生はどうしても青く見えてしまうものなのである。

それに、たとえ、今は完璧な美しさを誇る女性であっても、いずれは年を取り、しわくちゃのおばあちゃんになることを自覚している。そして若くても、男から「ブス」というレッテルを張られれば、異性として見てもらえないことも知っているし、そんな女性が周囲に多数存在することも知っているのである。
勿論、友達にもそんな女性がいるだろうから、当然、多かれ少なかれ、同情を感じているに違いない。

そんな女性(美人)に「君、かわいいね」とか「○○さんってキレいだね」なんて言ったらどうなるか。

勿論、言われた本人は、少なくとも悪い気はしないかもしれないが、とある男が、クラス一の美人にそんな風に媚びた態度をとっているのを、クラスの他の女子たちが見たら、まず不快に感じるだろう。
そして多くはこう思うに違いない。

「美人に媚びやがって。あいつは女を外見で判断する最低なやつだ。不愉快極まりない」

そして下手すると、その認識はクラス全体で共有されることになる。

女性の価値観の共有については女は噂話や陰口で男の価値を決めるの貢を参照していただきたい。
決して看過できるものでないことがわかってもらえるはずである。

モテる男は決して女性を外見で差別しない。
実際は、本心では差別しているわけだが(笑)、決してそれを表には出さず、常に他の(美人ではない)大多数の女性に対しても気を使っているものである。

モテるために男もエステとかにいくべきか

じゃあ、彼女が欲しい場合、男もエステサロン等に通ったほうがいいのか、というと、これは女性によって大きく意見が分かれるところらしい。

男にどの程度のファッションセンスを求めるか、あるいは女性の言う清潔感とは、どういったものなのか、というのは、女性それぞれの好みによって大きく異なる。

顔はてかてか、ムダ毛ボーボー、ファッションセンスのかけらもない、ワイルドと言う言葉をはき違えて理解しているような男でも、女性に嫌われるとは限らない。
そういった男のほうが「男らしくてかっこいい」と感じる女性も存在するからだ。

ただし、女性を容姿で差別しない、というのが必要条件となるので要注意。

女が一番嫌いなのは、「男らしさ」と言う言葉を隠れ蓑に、自分の身なりに関して無関心かつ一切努力しないくせに、一方では女性のことを容姿で差別するという男らしくないことをするタイプである。

非モテブサメン男子の多くは女性に対し「外見じゃなく俺の中身で見てほしい」と思っているくせに、こと女性の好みに関してはかなりハードルが高く、面食いである場合が少なくない。そしてお目当ての美人以外とは仲良くする気すらない。つまり女性を容姿で判断している場合が多いのである。

「俺は男だ。男の価値はハートで決まるんだ。女ども、俺の中身を見ろ!」と言うのは、男の自由ではあるが、その場合は、女の価値も容姿ではなく、中身で判断すべき、というのが正論と言えるのではないだろうか。

少なくともそんな風に感じてる女性が少なくないことは理解しておくべきだろう。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。