女は「自分のことをより愛してくれる男を選ぶ」と思っていたら男は痛い目を見る

女は男が浮気する生き物であることを知っている。
また、どんなに綺麗な容姿をしていても、いずれ歳をとれば、おばあちゃんになってしまうことを自覚し、不安にも思っている。
だから女性なら「一途で、一生私のことを愛してくれるような素敵な男性と出会えたらいいな」と、誰もが少しは思っていることだろう。

というわけで「俺は浮気しない! 一生お前のことを愛すぜ!」を口説き文句に使えば、大抵の女は落とせるはず……と男は安易に考えがちだが、実際のところ、それでうまくいくことは稀である。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

若い女性は冒険好き。愛される恋愛よりも積極的な恋愛がお好み

まずうまくいかない理由の一つは、若い女性は、愛されるよりも愛したい、と思っている場合が少なくないからである。
いずれはおばあちゃんになると言っても、まだまだ現実味がわかない世代の女性は、好奇心旺盛なこともあって、付き合う相手を自分で選びたいという欲求が強い。
そんな若い女性にどれほど愛を叫んだところで無駄である。
勿論、愛されることを何よりも重要視する甘えん坊タイプの若い女性も多く存在するので、ブサメンにとってはそれが救いと言えば救いではある。

女の大半は現実主義。愛よりも金を選ぶ?

では、ある程度年を取った女性なら、愛を叫べば皆振り向いてくれるか、というと、これもまたうまくいくことは稀である。
理由は簡単で「愛だけで人間は生きてはいけない」ことを女性は歳を重ねれば重ねるほど実感として感じるようになるからである。
結婚を意識する女性にとっては、愛情も大事だけど、経済力も大事、と言うわけである。

それに「俺はお前のことを一生愛すぜ」と言ったところで、多くの女性は、安易にそれを信じてはくれない。
口で言うは安し行うは難しであることを、様々な情報源や自らの体験から学んでいるからである。

勿論、熱意をもって、辛抱強く説得することで、あるいは身を挺することによって「この人なら私のことを一生愛してくるかも」と思わせることは相手によっては可能ではある。

が、それはやはり相手次第であって、どんなに情熱をこめて説得しようと、信じてくれない女性ははやり信じてはくれない。

それに、女性にとって「相手がどのくらい自分のことを愛してくれているか」は重要ではあるが、他人の気持ちは自分ではどうにもならないこと、つまり他力本願であることを考えると、やはり相手の言葉を鵜呑みにするのは、非常にリスクの高い選択であると言える。
「一生愛してくれると言ったくせに浮気しやがった!」なんてことはよくある話だからである。

というわけで、賢明な女性ならリスクヘッジとして男に愛情以外のもの(経済力やルックスなど)を求めるのが普通である。
勿論、イケメンだったり、金持ちでさえあれば誰でもいい、という女性ばかりではないだろうが、結局のところ、多くの女性は「自分のことをほどほどに愛してくれる」「そして自分も相手のことを好きになれる」「最低限の経済力」を持つ男のもとに落ち着くのである。

「愛だろ、愛! 俺はお前を愛する気持ちだけは誰にも負けないぜ」とばかりに必死に女性に金と時間を貢ぎ続け、挙句あっけなくフラれてしょぼくれている不器用な男をたまに見かけるが、そういう男が報われるには「愛が全て。お金よりもルックスよりもどれだけ私のことを愛してくれているかが大事」と考える、ある意味ギャンブラー的思考の女性を見極めて口説く以外に道はないと言えるだろう。

女はそれほど好きでもない男に愛されすぎても「重い」と感じる

また、女性にありったけの愛を与え続けたあげく「あなたの愛は重い」と逃げられるケースも存在する。
理由は簡単、愛情の強すぎる男=ストーカー的資質を持った男として女性に認識されやすいからである。

また、人間は自分と似た相手に共感しやすいという心理が存在する。
これは愛情の強弱に関しても同じで、例えば

  • 自分が100の力で愛しているのに、相手が50しか愛情を返してこないと「自分は十分に愛されていない」と感じ相手により強い愛情を求めてしまう(束縛など)
  • 逆に、自分が100の力でしか愛していないのに、相手の愛情が200だったりすると「もっと愛さなければ」という気になり、次第につらくなってくる

などといった現象が生じる。

女に無償の愛を与えつづける自分に酔いしれるロマンチスト思考の男や、相手から一方的な愛を受けることに何の抵抗も感じない甘えん坊タイプの男も存在するが、いずれの場合もそう長続きせず、ある日、突然関係が破たんしてしまう場合が多いのは、上記のような人間心理が関係していて、相手の女性が疲れてしまうから、と考えるのが妥当である。

結局、愛とお金とその他もろもろのバランスが大事

まとめると、女性の気持ちを長期間つなぎとめておくためには、バランス感覚が大事ということになる。

愛だけじゃダメ出し、お金だけでもダメ。ルックスだけでも飽きられてダメ。
相手の女性の気持ちを無視して愛情を押し付けすぎてもダメ。
相手の女性の愛情に甘えすぎてもダメ。
女性に与える愛情と女性から受け取る愛情はほぼイコールであることが望ましい。

結局は似たような恋愛観・人生観の持ち主同士が付き合って、結婚するのが互いのためでもある、ということだ。

「こんなにも愛してやった俺を捨てるなんて許せない!」なんてのは男の逆恨みもいいところ。

フラれた相手を呪っている暇があったら、自分と相性のいい女性を探すことに労力を使ったほうが、幸せへの近道になることは言うまでもない。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。