女は優しい男が好き。でも彼氏は「優しいだけの男」は嫌

女は優しい男性が好きである。
「彼の好きなところは?」と問われると大抵の女性が「優しいところ(はーと)」などと答えたりする。
が、諸君がどんなに女性に優しくしようとも、世界中の誰よりも優しい心の持ち主であろうとも、それだけでは女性の心を射止めることはできないのが現実である。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

女性が優しい男を好きな理由

まず「優しい男が好き」と言う女性には大きくわけて2種類のタイプが存在することを理解しなくてはならない。

一つ目のタイプは、「優しい男=無害な存在」であるということを評価しているに過ぎない女性だ。

女は、男の暴力に対して無力であることを自覚している。
そんな女性にとって「暴力をふるう恐れのない男」というのは、女性が恐れを抱くことなく近くにいられる安心できる存在である。
女性たちはそのことを評価こそすれ、しかし、そういう男は世の中に多数存在するわけで、それだけでは決して彼女たちにとっての特別な存在にはなりえない。

はっきり言ってしまえば、彼女たちは、男の優しさなど「は? そんなの男としての当たり前の最低条件でしょ? まあ、ちょっとは評価してあげるけど」くらいにしか思っていない、ということである。

優しいということを何よりも評価してくれる女性もいる

一方で、男の優しさを何よりも評価しようとしてくれる女性も存在する。

「優しい」と「優れている」という漢字は同じ。
優しいということは人間として(男として)もっとも優れた資質である、と彼女たちは考えてくれていて、多くのブサメンにとっては天使のような存在ということができよう。

しかし、そんな女性すら「優しさだけ」で振り向かせることは難しい。

優しいだけの男がモテない理由

何故、男の優しさが、恋の切り札として、ほとんどの女性たちに通用しないのか。
理由は簡単だ。

自分が本当に心優しい男であるということを他人に理解してもらうことは非常に難しいからに他ならない。

仮に、諸君が頑張って、日頃から、優しい言葉を口にしたり、優しい男だと周囲に思わせるために、いろいろと画策してみたところで、ほとんどが徒労に終わるだろう。
何故なら、そんなことはほとんどの人間がやっているからだ(誰だって優しい人間だと思われたいから当たり前である)。

また、優しい人間のふりなど、誰にでもできるし、優しさの定義や価値観も人によって微妙に違う
従って、あまりにも執拗に自分の優しさを周囲にアピールしようとすると、うっとうしく思われ、かえって嫌われてしまうのである。
これは女は「自分のことをより愛してくれる男を選ぶ」と思っていたら男は痛い目を見るで述べた愛情の押しつけと同様である。

優しさを武器にする男の天敵=負のギャップ効果

また、「優しい人」というイメージを周囲の女性たちにうまく植え付けることができても、そのイメージを損なわずに保持することは、これまた難しい。
ギャップ効果という人間心理が存在するからである。

普段「優しい人」というイメージがあるタイプが、少しでもそのイメージにそぐわない態度、例えば、激しい怒り、憎しみ、妬みの態度などを少しでも表に出そうものなら「え? この人、キレると怖い人なの?」といった、負のギャップ効果が生じてしまい、イメージダウンは避けられない。
普段「こわそうな人」というイメージを持たれているタイプが、逆に少し優しげな態度を示すだけで、大きく周囲のイメージが改善するのとは、正反対である。

言うまでもなく、恋愛において、ギャップ効果はかなりの効果があるため、そういう意味でも真面目な「優しい男」よりも不良のほうが、女性のハートを射止めやすいのである。

しかしブサメンは「優しさ」をメイン武器にせざるを得ないジレンマ

結局、諸君が女性にモテたいのなら、優しい男よりも、少し危なそうな男のほうが好ましいと言える。
ルックスによっては、少しどころか、かなり危ない男であっても「この人は本当は優しい人。私だけがそれを知っている」みたいに勝手に都合のいい解釈をしてくれる妄想女がわんさか寄ってくるくらいである。

対して、ブサメンの場合、ちょい悪のイメージを周囲に与えるのは非常に難しい。
下手をすると性犯罪者予備軍として、女性陣から総スカンを食らいかねない。

じゃあ、ブサメンが彼女を作るにはどうすればいいのか?

話が長くなるので、詳しくは別のエントリーで紹介するが、やはりブサメンは負のギャップ効果が発生しないよう気をつけながらも「優しさ」を前面に戦うべきである、と私は考えている。
そして根気強く、それを続けるべきである、とも思っている。

勿論、優しさ以外に特別な才能とか他に取り柄があるなら別だが、そうでない場合はそうするよりほかに方法がないからだ。

自分が本当に心優しい男であるということを他人に理解してもらうことは非常に難しい、と前述したが、非常に難しくはあっても、不可能ではない。

恋愛心理テクニック等を駆使しつつ、プラスして根気強く優しい男を演じ続けていれば、必ずその努力を評価してくれる価値観が近しい女性と巡り合うチャンスが、少なからず訪れる。

これは、決して、気休めでもなんでなく、私自身の経験から得たまぎれもない事実である。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。