女の「生理的に無理な男」という言葉の真意からわかる「女のむっつりスケベ度」

私が若かったころにはなく、最近よく耳にする言葉に、女性の使う「生理的に無理」というものがある。
めったに直接言われることはないが、女によっては、頻繁にこれを口にし、男を平気で傷つける輩が存在する。

そういった女に深い傷を負わされ、女性不信に陥らないためにも、男にはあまりピンとこないこの「生理的に無理」という言葉の意味と、この言葉を使う女性の深層心理について、しっかり理解しておこう。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

生理的無理=単なるNG?

まず、生理的に無理という言葉を発する女性には、大きく分けて二通り存在していることを理解しなくてはならない。
一方は、本当に「生理的に無理」だと思っている女性(後述)。

もう一方は、それほど深い意味もなく、何気なく使っている女である。
例えば

  • マナーの悪い男は生理的に無理
  • 浮気する男は(略)
  • 歩きたばこをする人は(略)

みたいな感じで、ほんの少し前までなら「NG(ノーグッド)」という言葉で済ませていたのを、流行に合わせて「生理的に無理」という言葉に置き換えているに過ぎないだけの女である。
最近の若い女性(女子高生など)に多く見られる現象で、彼女たちの中には平然と男に面と向かってこの台詞を言う輩すら存在する。

ちなみに今回取り上げる女性の「生理的に無理」発言の深層心理の解説に、こういった頭の弱い(もしくは恋愛経験の乏しい)女性の発言は含まない。

女たちは男のどこをみて「生理的に無理」だと思うのか

「生理的」という言葉の意味からも推察できるように、この女性心理は、彼女たちの持つ本能的な欲求に大きく関与している。
その本能的な欲求とは、ずばり言ってしまうと性欲である。

言うまでもなく、女性にも性欲は存在する。
男を選ぶ際、「この男とするとしたら、ああなってこうなって……」みたいな脳内シミュレーションは、男がするのと同様に女性も行っている。

男と違うのは、その際の主導権がどちらにあるか、と言った部分だけだろう。

つまり男は(その気になれば力づくで)女を自分の好きなようにできるのに対し、女性は男の同意なしにはまず主導権は握れない、という点である。

最終的に女性主導の行為をお互いが望んでいたとしても、結局それは男次第であり、所詮、女性は受け身なのである。
そう考えるとこの「生理的に無理」の意味がおぼろげながらも男にも理解できるのではないだろうか。

  • 歯の汚い男は生理的に無理。あの汚い口と…とか想像しただけで鳥肌が立つ
  • 毛深い男は(略)。あの剛毛に肌が触れることを想像いただけで(略)
  • 汗かきの男は(略)。最中に汗びしょびしょになられたら、なんか冷める
  • Sっ気の強い男は無理。私、痛いの嫌だし
  • ハゲは嫌。見た目も嫌だし、第一、絶倫そうで、気持ち悪い

上記の例を見るとわかるように、女性「生理的に無理」という言葉の真意は「この男に抱かれることを想像しただけで不快な気持ちになる」という意味であり、つまり性的な意味合いが強いのである。(小学生低学年くらいの女の子が、この言葉を嫌いな男子に向かって使わないことからも明らかだろう)。

そのため、肌と肌が触れ合うことを想像するだけで嫌な気持ちになる不潔な印象の男性に向けて使われる場合が多い(上記の1から3がその例)。

じゃあ、男の性格は関係ないかと言うとそうではない

しかし、上記の例の4番目「Sっ気の強い」というのもあいまいな表現である。
5番目の「絶倫」も同様。

女性はどうやって「Sっ気が強い」とか「絶倫」とか、男のベッド上での性癖を判断するのか。
結論から言うと、男の普段の言動などから推察しているのである。

  • 何かと普段から偉そうで支配的。ベッドの上でもきっとそうに違いない
  • 物を食べる時くちゃくちゃと音を立てる。あんな風に私も音を立てながら食べられるかと思うと総毛だつ/li>
  • いつもナヨナヨして、男らしさのかけらもない。なんか赤ちゃんプレイとか強要されそうw

と言った具合にである。

ドMの女性なら、S男は願ってもない相手であるが、そうでない女性にとっては、絶対に相手をしたくない相手であることは、男でも理解できるはずである。

また、あまり性欲の強くない女性にとって、絶倫男は、浮気するリスクの高いだけにととまらず、毎日毎日、いろんなプレイを強要されかねない、恐ろしく気持ちの悪い存在でしかないのである。

女は基本むっつりスケベである

夜の相性は、男女の恋愛において大部分を占める重要事項である。
特に男の気分に合わせなければならない女性にとって、その重要度は男以上に大きい。

だから、彼女たちは、付き合う前に(あるいは付き合ってからも)、相手の男性との夜の相性について想像をする。男が思っている以上に深く推察をする。

そして、普段のその男の言動から導き出された答えが「あ。私、この人に抱かれるの無理」だった場合、そのことを表現する言葉が必要なわけだが、しかし、女と言う生き物はむっつりスケベであるため、直接的な言い回しでそれを表すことに抵抗や恥じらいを多少は感じるものである。

結果「生理的に無理」という言葉が、広く女性の間で使われるようになったのであろう。
要するに、この言葉を多用する女=むっつりスケベ度が高い女=性的な感性が強い女、と言い換えることができる。

で、言われた男はどうすれば?

では、好きな女から、そういった拒絶の合図を示された場合、男はどうすればいいのか。
簡単である。
その女性と男女の関係になるのをあきらめる。それだけである。

これは単なる男女の性的な相性の問題であって、この言葉を突き付けられたからと言って、男の尊厳が傷つけられるといった種のものでは決してないことを、男性諸君はしっかり理解しておいてほしい(ドsの男だって、絶倫男だって、そういった男性を求めている女性は存在するし、何をもって不潔と感じるかも人ぞれぞれである)。

勿論、相手の女性の下した結論が誤っている場合もあるし(最初はドsっぽい奴だと思ったけど、もしかしたらそうでもないのかも)、また女性の性癖が変わる場合もある(最近、私、Mに目覚めちゃった!)ので、執拗に食い下がってみたり、友達としてそばにい続け、相手の認識が変わるまで待ちづつける、なんて選択もとることができる(ちなみに私は3年ほど待ち続けた経験がある)。

当然、その場合、その女性の認識が変わらなかった場合のリスクヘッジとして、他の女性と同時進行で行うことは必須である(当然、二股にはならない)。

最後に言っておくと、最初のほうで言った「NG]の代わりの言葉として、軽々しく「生理的に~」を使っている女の場合は性的な深い意味合いは全くないので、簡単に挽回することが可能である。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。