彼女いない歴=年齢の男が最短で彼女を作る方法

30歳以上の年齢で、彼女いない歴=年齢の男の割合が、最近、非常に増えているようである。
なんでも、とある調査によると4人に1人の割合だとか。
こういう話を聞くと、もうすぐ50のおっさんとしては非常に残念でならない。
人それぞれ事情はあるのだろうが、もし、理想の彼女の探し方や作り方がわからないだけなのであれば、ぜひ、このブログの記事を片っ端から読んでほしい。きっと力になれるはずである。

スポンサーリンク
ゼクシィ縁結び

最短で彼女を作る方法

このブログで紹介している彼女の作り方は、どちらかというと、じっくりとした長期駅な戦略に基づいたものが主である。

30歳以上彼女いない歴=年齢男のように、ずぐにでも、結婚相手や恋人が欲しいような人には向かない記事が多いかも知れない。
そこで、今回は、そういった恋愛年齢高め(といっても私より余程低いが)の人向けに、速攻で彼女を作りたい方向けのノウハウについて解説してみたい。

コミュ障の人は、少なくとも会話テクニックに関する部分だけは読んでおいてほしい。

速攻で彼女を作る方法の定番と言えば

すぐ明日にでも彼女が欲しい、となれば、はっきり言って、今から知り合いの女性全員にダメもとで告白しまくるか、あるいはナンパでもするしかない。

告白しまくるのは、非常にリスクが高いので、却下するとして、やはり速攻で彼女をゲットするなら、ナンパが一番だろう。

が、ナンパできるような精神力とトーク力の持ち主なら、30まで彼女ができない、なんてことはないだろうから、この選択肢も消去するしかない。

とすれば、次に考えられるが、結婚相談所やお見合いパーティー。

やはり結婚相談所は、高額なだけあって、すぐにでも女性を紹介してくれる。確実な出会いを求めるなら、結構相談所を頼るのが一番だろう。

ただし、お見合いパーティーや結婚相談所の会員になっているような女性はすぐにでも結婚したい、と考えている女性の割合が高く、彼女たちが男性に求める条件は、なによりも年収である場合が多い。

なので、仮に年齢が30歳以上で、年収が平均以上であれば、例えばお見合いパーティーなんかに参加すれば、すぐにでも相手が見つかる場合が多い。会話下手とかルックスとか、そういった部分は大目に見てくれるのである。

ただし、逆に言うと、年収が低めだと、例え高額な結婚相談所でも、相手が見つかるまでに結構時間がかかったりする。

年収が低い場合どうすれば?

というわけで、じゃあ、年収が低い場合は?ってなるわけだが、その場合、はっきり言って即効性のある方法はあまり期待できない。やはりこのブログで散々解説してきたような地道で時間のかかる方法で、着実にステップアップを果たす必要がある。

と、一昔前までなら、そう言いたいところだが、実は最近は簡単でかつ速攻で彼女を作る方法が存在する。

それがネット広告を使った方法だ。

ネットで「彼女募集中」広告を出す

諸君も普段は、グーグルなどの検索サービスを使っているだろうし、おそらくこのブログも検索から来た人が多いと思う。

だから、見たことがあるに違いない。
検索結果の上部やサイドバーに、企業などの広告が並んでいるのを。

kensakupr

実はこの部分に個人で広告を入れることが可能らしい。

例えば「彼氏が欲しい」という検索結果のPR欄に、「彼女募集中です」と題して、自分のPRサイトへのリンクを張ってもらうことができるわけだ。

そして自分のサイトには、こんな具合に、自分のスペックと連絡先を載せておけば良い。

年齢:32歳
職業:会社員
年収:500万
東京都○○区在住
連絡先:090-××××××××

その他にも趣味とかどのような女性が好みかとか、どんな経歴の持ち主かとかを書いておく。

要するに、婚活サイトのプロフィール欄に書くようなことを、載せておくわけだ。

メリットはより多くの女性に見てもらえること

実は、このやり方、もう既に先駆者が存在する。

どこのブログか忘れてしまったが、検索広告を使って、彼女を募集し、見事結婚するまでの顛末をブログで書いている人がいたのである。

私はそれを見た時「こんな賢い方法もあるのか」と非常に関心した。

何故なら、検索エンジンの利用者は、非常に多い。
検索ワード次第では1日に数百人、数千人の女性に見てもらうことが可能だ。

婚活サイトの利用者は、せいぜい数万人から数十万人で、地域を指定すれば、その数は激減し、さらにアクティブに活動している女性に限定すれば、更にその数は減るだろうから、婚活サイトで理想の女性に自分のプロフィール欄を見つけてもらう確率はそんなに高くはない。

しかし、この方法だと、そんな心配は杞憂だろう。

ターゲティングも可能!

そしてさらに検索エンジンの上部にだせるネット広告は、ターゲットも指定できる。

Ipアドレスから住んでいる地域を特定し、つい最近まで見ていたウェブサイトの閲覧履歴などから趣味趣向などを推測、特定の条件に当てはまる女性にだけにPR広告が見えるようにすることも可能だ。

つまり

  1. 最近よく婚活サイトにアクセスしている
  2. 東京都○○区在住の
  3. 20歳から30歳の女性が
  4. 「彼氏欲しい」などといった検索ワードで検索をかけた時だけ

といった具合に、自分のPR広告を見せる相手を選別可能なのである。

もう既に結婚していたり、彼氏彼女がいたりするような人物のPCやスマホには、当然、表示されないので、家族や知人に見つかる心配はほとんどない(ただし知人の女性がネットで婚活している場合は別だが)。

「ちょっとプライバシーが心配」などと尻込みする人がいるかもしれないが、婚活サイトを利用する場合と状況は同じなので、それほど心配する必要はないと言える。

勿論、本人確認を行っている婚活サイトよりも、誰が見ているかわからない分だけ、リスクはあるし、PRサイトも、ある程度デザインがしっかりしていないと、いかがわしいサイトのように思われ、敬遠されるかもしれない。

また、肝心の料金設定も、どんな検索ワードで広告を出すかで、かなり変わってくるので、婚活サイト利用とどちらがお得かは、不明瞭と言える。

と、まあ、リスクもそれなりにあるが、即効性、確実性という点では、これ以上のものはないように思う。

リアルでナンパはできないが、ネットでナンパ待ちならできそう。

そういった人には、非常にお勧めできる方法なのではないだろうか。

Pocket

ネット婚活を始めるなら、この3サイト!

  • pairs(ペアーズ)
    pairs

    Facebookを利用した出会いアプリ。大学生の間でスマホと特にFacebookが普及していることもあり、会員に若い子(女子大生)が多いと評判で、筆者の周囲でも圧倒的な人気を誇る。男は定額制(月3000円程度)、女性は無料。


  • Nozze「eお見合い」

    結婚情報センター大手のNOZZEが運営する婚活サイト。メール交際成立まで一切料金が発生しないシステム。また希望すれば初デートの際には全国のNozze各支店で担当者が立ち会ってくれる。出会えるどうかもわからない段階でいきなりお金を支払う必要のある定額制に抵抗がある人はこちらがおすすめ。

    その他の婚活サイトはおススメ婚活サイト一覧を参考に。


  • YYC(ワイワイシー)

    mixiグループの優良出会いサイト(アプリ)。登録は無料で、メール交換などの際にだけ料金が発生する(女性は完全無料)。出会い系を月に数時間程度しか利用しないから定額制は高すぎる、というようなライトユーザーに大人気。

    その他の出会い系サイトは優良出会い系サイト比較を参考に。